«

»

12月 03

サプリが安心して飲めるもの葉酸や口出産で効果のものを選び

多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。

それは不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。妊娠初期というのは体もデリケートになりますし、神経質になりがちです。

そのため「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。

葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、適切な摂取を心がけるようにしましょう。

葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、簡単に摂取したいのであれば、サプリメントがおススメです。

サプリメントは、葉酸の摂取量が一目瞭然ですので、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから良いですよね。

私の話なのですが、妊活をしていた当時、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。

長男が生まれていましたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。

排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けにチャレンジしたという訳です。

妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が確認されるまでは期待と不安でドキドキしていました。

結果は産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。主人も待望の女の子という事で大喜びでした。

なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、食生活から改めるのも大事でしょう。
ビオチン

栄養をもとに卵子も精子も作られているので、食生活が乱れていては卵子や精子の活発さは、望むほうが無理なのではないでしょうか。

育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大事です。偏らない、健全な食生活を心がけ、ストレスをあまりためないようにしましょう。

2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、くどく言うと怒られそうな気がしたので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。

1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、妊娠できなくて、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、幸い、服用後2か月には下の子を授かりました。