«

»

12月 02

元カレと復縁する方法で大切になるのは

相手の行動を見逃さないためには、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。

探偵の場合には、不審に思われることを避けるよう充分に用心しながら粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、先に自分の所属を明かして公然と調査を行うことが多いです。

探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と見てよさそうです。

行動をメモしておくことで浮気の決定的な証拠をつかむこともあります。

基本的に、日々の行動には決まったパターンがあります。しかし、浮気すると、行動のパターンが変わります。

変わった曜日や時間帯を断定ができたら、行動を注意深く見ることで、浮気の裏付けがしやすくなります。

興信所と探偵事務所の違いとしては、あまり無いのではないかと言ってもいいかもしれません。

浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような似たような仕事をしています。

ただし、どちらかを選ぶとしたら企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。

探偵の浮気調査に支払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。

実費としては調査の際にかかった交通費とか写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるみたいです。

一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用を算出します。

短時間で調査を完了すると費用も安くすむわけです。もし浮気をする曜日、時間がはっきりしているのならば、調査期間は短くなりますので、それだけ調査費用が節約できるわけです。
セフレアプリ

といっても、いつ浮気をしているのかを知っているにしても、知人に相談して写真を撮ってくれることになっても、多くが失敗するに違いありません。

知られずに証拠写真を手に入れるにはプロに任せるのが一番でしょう。

結婚相手の浮気調査を委託する場合、あり得ないほど低い報酬額であったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵事務所が望まれます。